温熱療法

ゲルマを使用した商品やサービスになるのか温浴が比較的ポピュラーだろうか。
ゲルマを含む化合物を溶かした湯に、15〜30分程度手足をつけて温浴を行う入浴方法がゲルマ温浴である。
現在のブームの前には1984年に知名度が上がり、雑誌などにも取り上げられたりしてブームとなったようであるが、
毒性のある無機ゲルマニウムを溶かした食品を売る業者が現れ、中毒死や死亡事故が起こったこともあったようです。
現在では痩身美容・リラクゼーション・鍼灸治療などにほかの療法と組み合わせている場合がおおく、
岩盤浴など最近はやりな温熱療法として存在しているが、効果としては血行促進、発汗、冷え性の改善など色々と挙げられているようである。
しかし、前回の記事にも書かしていただいたが科学的に臨床実証されていないのにも関わらず、
実証されている声だかに言っている業者もいるのでこの点も注意が必要だと思われます。
ゲルマニウムの皮膚からの吸収はほぼないと考えられているためゲルマニウム自体の効力・毒性が当てはまるかどうか分かっていない
色々と言われておりますが、我々消費者からは表記されていることから判断するしかないわけであってその効果も、
例えばの話になるが、ゲルマの入浴剤などを使用した湯に使った場合で普段よりも発汗作用があったとしても、
普段よりも長くお風呂に入っていたとかはないのだろうか?あくまでも筆者の私見ではあるのですが・・・